サバ缶のブームによって
店頭からサバ缶がなくなってしまう現象が起きています。

そんな中、日本一高いサバ缶として登場したのが
鯖の頂き。『No.38(ナンバー・サーティエイト)』

パッケージもおしゃれで、高級感があります。
味もこれまでのサバ缶とは違った美味しさで、
高級缶詰にも関わらず販売開始当初から
売り切れ状態が続くほど人気が出ております。

サイトもとてもカッコよくできおり、
商品の魅力がたっぷりですので、
是非ご覧ください。

No.38のオンラインサイトはこちらです。

こちら、アバランチ様からのご依頼で
20周年記念のノベルティに缶詰を配ろうという企画からスタート。

2種類を500缶の1000缶だけ作りたいということで、
他の缶詰工場には全て断られたそうですが、
当社は小ロットで商品開発ができますので、
こういった開発は得意分野です。

すぐに開発がスタートしました。

料理研究家の方のレシピを元に、
サバの選定、
0.1g単位で調味料を調整しながらの試作。
カットの方法、容器への入れ方など、
数回に渡り、かなりのパターン数の試作を行い、
これまでにないサバ缶ができたと思います。

アバランチ様は広告制作会社なので、
デザインやPRは得意中の得意。本職ですから。

いつもはデザインなども我々でお引き受けすることが多いですが、
今回は全てお任せで素晴らしいパッケージが出来上がりました。

ギフトとしても喜ばれること間違いないしですので、
一度お試しください。