本日の水産経済新聞に
共創開発中のサーモンの端材を使った
商品の紹介がされておりました。

空飛ぶサーモン、
DeLaks、
の2シリーズを商品化に向けて
最終調整中です。

ノルウェーから
飛行機で直輸送されたサーモンで
1度も冷凍することなく日本に届き、
加工されて、消費者に届きます。

フレッシュ感がすごいんですね。

でも、こんな素晴らしいサーモンも
加工時の端材が月に1トン近くも出るそうで、
商品価値がなく、食用ではないものに
加工するしかなかったそうです。

そうした端材を使った商品を
開発しようというので始まったのプロジェクト。

元のサーモンが美味しいので、
中身は素晴らしいものができました。

そして、それをパッケージで表現しようと
空飛ぶサーモンとして
ポップなパッケージにしてみました。

こちらも11月オープンとなる
新店舗で販売していく予定で、
来年からは製造量も増やしていく計画です。

食品ロスのテーマにもあうので
メディアの注目も集まりそうです。