缶詰がどうして常温で3年も
保存ができるかご存知でしょうか?

食品が劣化する要素は主に3つ
1. 微生物による分解
2. 酸素による酸化
3. 光による変色などの劣化

この中でも特に影響が強いの微生物
缶詰やレトルトパウチなどは
120℃で4分相当以上の加熱殺菌をしています。

微生物がいないので分解もされず、
分解による毒素も出ません。

また缶詰は蓋をするときに
真空状態(完全ではないですが)
にしているので、酸素もほとんどなく
酸化も抑えられます。

そして金属容器なので
光も通さない。

まさに食品が劣化する3大要素
全てに解決しているすぐれもの。

だから添加物や保存料などを
使用しなくても常温で3年も
保存することができます。

実は殺菌だけでなく
120℃で4分相当以上の熱を加えるので、
高温調理器具として考えることができます。

今人気のサバ缶は中骨までやわらかく
美味しく食べることができますよね。
これは圧力鍋で高温調理しているのと
同じことが缶詰の中で起きています。

高温調理で骨までやわらか
缶詰を小さい圧力釜だと考えると
美味しい缶詰の開発ができますよ。